秩父ワイン『源作印ワイン』おすすめラインナップと無料の工場見学・試飲を紹介

源作ワイン

秩父には『有限会社秩父ワイン』と『秩父ファーマーズファクトリー』の2つのワイナリーがあります。

そのうちのひとつ、秩父ワイン源作印は1940年に初代である浅見源作さんによって創設された秩父で最初のワイナリーです。

ここでは秩父ワイン「源作印」の歴史や醸造工場見学から、試飲やアクセス方法などまとめて紹介します。

秩父ワインの元祖「源作印ワイン」

有限会社秩父ワインの源作印とは?

秩父ワインは、1940年に初代である浅見源作さんによって創設された秩父で最初のワイナリーです。

有限会社秩父ワインは日本百名山のひとつでもある両神山の麓にあります。豊かな自然に囲まれ、寒暖差が激しくアルカリ性土壌はぶどう造りに最適な場所とされています。
原作印

初代である浅見源作さんは1933年、息子である慶一さんが読んでいた「ロビンソン・クルーソー漂流記」からヒントを得てぶどう作りを始めます。

1936年にワイン造りには成功し、1940年に「秩父葡萄酒」として販売を開始しました。

発売当初はなかなか売れませんでしたが、発売から19年後の1959年、フランス人神父に「ボルドーの味」と称賛されたことから源作印ワインの人気が出始めました。

現在では有限会社秩父ワイン以外に、秩父ファーマーズファクトリーの兎田ワイナリーもあり、ぶどうの生産に適した地として、秩父でワイン造りが盛んになっています。

秩父での源作印ワイン販売店と通販

秩父ワイン源作印は、秩父のほとんどの酒屋や道の駅などお土産を取り扱っている場所で取り扱いがあります。

西武秩父駅直結の「祭の湯」でも購入が可能で、立ち飲み処「酒匠屋台」では実際に呑むこともできます。電車で秩父に来てお土産として持ち帰るには、ここでの購入がおすすめです。

また、秩父ワインの公式ショッピングサイトや、楽天やアマゾンでも取り扱いがありますので、通販での購入も可能です。

ただし、商品によって店頭販売限定のものもあるので、限定品は直接買いに行く事をおすすめします。

秩父ワイン源作印の主なラインナップと受賞歴

源作印KARASAWAメルロー

原作印メルロー
自社農園の唐沢で採れたぶどうを使用。熟した果実の香りと酸味、渋みのバランスが取れた赤ワイン。

源作印KARASAWAメルロー 受賞歴

  • Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)
  • 2018・2017年 欧州系品種部門 銅賞受賞

秩父ワインの公式ショッピングサイトのみで取り扱いあり。

源作づくり 赤

源作づくり赤

酸味と渋味のバランスがよく、やや淡麗のミディアムボディタイプの赤ワインです。

原作印赤が生産終了し、リニューアルされて源作づくりとして2018年3月に新発売されました。

源作印 白

原作印 白
白い花を連想させる香りでキレの良い辛口。魚や鶏肉など淡白な料理に合う白ワインです。

源作印白 受賞歴

  • Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)
  • 2016 甲州部門・辛口 銅賞受賞
  • 2014 甲州部門・辛口 銅賞受賞
  • 2012 甲州部門・辛口 銅賞受賞

GKT 赤

GKT赤

初代から3代目までのイニシャルから付けられた「GKT」。ベリーの香りと柔らかな渋みで熟成感のある濃醇な赤ワインです。

GKT 白 (漫画「神の雫」39巻におすすめワインとして登場)

GKT白

爽やかなキレ味で旨味とコクがある辛口の白ワイン。

GKT白 受賞歴

  • Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)
  • 2015 甲州部門・辛口 銅賞受賞
  • 2014 甲州部門・辛口 銅賞受賞
  • 2013 甲州部門・辛口 銀賞受賞

個人的には、この中ではGKTがおすすめです。

無料の工場見学は5名~予約制で試飲は予約なし1人でも可能

秩父ワインでは予約制で無料の工場見学も行われています。

予約は5名から可能になっていますが、他に団体の方の予約が入っていれば一緒に見学させてもらえる場合もあるので確認してみてください。
醸造工場

有限会社秩父ワイン 工場見学
実施日 土・日・祝・年末年始以外
見学時間 10:00~14:00
所要時間 約20~30分
料金 無料
予約 見学は5名からの予約制です。希望の方は電話にて秩父ワインへ問い合わせてください。
予約電話番号 0494-79-0629

工場のすぐ隣にある直売所では源作印の購入と、無料で試飲ができます。予約不要で1人でも案内してもらえます。
直売所

直売所はそれほど広くはありませんが、定番商品や直売所限定販売されているものまで揃っているので購入をお考えの方はこちらの直売所で買うのがおすすめです!
直売所内

また、無料で試飲も可能です。
ワイン試飲

時期により試飲できる商品は変わりますが、この日は6種類のワインを試飲させていただけました。それぞれのワインを親切に説明してれるので、じっくり選ぶことができます。
原作印

営業時間とアクセス・駐車場

(有)秩父ワイン 源作印
営業時間 8:30~17:00
定休日 年末年始
電話番号 0494-79-0629
住所 埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄41
アクセス 秩父市街地から車で約30分
駐車場 専用無料駐車場あり
公式サイト 有限会社秩父ワイン

鉄道の最寄り駅がないため、車以外でのアクセスはバスのみとなります。

バスは西武秩父駅から「小鹿野町営バス 西武秩父駅線」で最寄りバス停「南小沢口」下車すぐです。ただし、1日6本程度しか運行していないため時間に注意が必要です。

駐車場は、工場・直売所がある建物の道挟んで向かい側に約20台ほど駐められるスペースがあります。

看板が出ていませんが、入口に大きな樽があるのでこちらを目印にしてみてください。
駐車場

まとめ

秩父ワインの元祖でもある(有)秩父ワインの歴史から工場見学まで紹介しました。

秩父市街地から約30分と少し距離がありますが、ワインの醸造工程が見学できたり、直売所では限定ワインの購入や試飲もできます。

車で秩父にお越しの際はぜひ足を運んでみてください。

関連おすすめ記事

(有)秩父ワインから車で約10分のところに、秩父のもう一つのワイナリー「秩父ファーマーズファクトリー兎田ワイナリー」があります。ぜひあわせて訪れることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFun! Chichibuをフォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

【まとめ】秩父・長瀞観光おすすめスポット2018 グルメからお土産まで紹介! 【まとめ】秩父・長瀞の人気観光おすすめスポット!グルメ・温泉からお土産まで徹底紹介

秩父・長瀞の、絶対に外せないおすすめ観光スポットをまとめました!季節ごとのおすすめ観光スポッ…

【まとめ】秩父・長瀞の人気おすすめ旅館・ホテル 【まとめ】秩父・長瀞の人気おすすめ旅館・ホテル宿泊施設11選!老舗温泉や安い宿から高級旅館まで紹介

秩父地域の旅館やホテルに実際に泊まった感想を、それぞれの宿ごとにまとめて紹介していきます。お…

【まとめ】秩父の人気おすすめ蕎麦屋 【まとめ】秩父・長瀞の人気おすすめ蕎麦屋13選!有名・名店のそばを紹介

埼玉県の秩父にある、おすすめ蕎麦屋をまとめてみました!実際に一軒ずつ蕎麦の食べ歩きを行ってき…

秩父のおすすめ人気お土産 【まとめ】秩父のおすすめ人気お土産11選!西武秩父駅直結のちちぶみやげ市で購入可能

秩父には特産品や銘菓、秩父産メープルシロップを使ったお菓子、秩父のイメージキャラクター「ポテくまくん…

長瀞ライン下り 【動画あり】秩父で川下りするなら長瀞ライン下り!料金・クーポンやアクセス駐車場まで解説

秩父で川下りといえば、荒川の急流と景色を楽しめる長瀞のライン下り。ラフティングとともに、長瀞の人気水…

わらじカツ丼の人気店まとめ 【まとめ】秩父グルメわらじカツ丼の人気おすすめ店6選

秩父グルメの中でも代表的なのがわらじカツ丼。どの店のわらじかつも美味しいのですが、店によって特徴があ…

西武秩父駅前温泉「祭の湯」駅近の日帰り温泉を口コミレビュー!料金・クーポンや営業時間も紹介!

2017年4月24日にオープンした、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設「祭の湯」。今まで…

秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も紹介!

秩父には日帰り入浴が可能な温泉施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉は観光のついでに疲れを…

三峯神社 【パワースポット】三峯神社のお守り・ご利益・御朱印とアクセス・宿泊施設を紹介

関東屈指のパワースポットとして紹介され、参拝者も多い三峯神社。また、1日限定で白いお…

秩父市長瀞のかき氷「阿左美冷蔵」 【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介

秩父でかき氷といえば、夏には長い行列ができる超有名店の「阿左美冷蔵(あさみれいぞう)」。場所…

PAGE TOP