【人気No.1】秩父でわらじカツ丼を食べるなら安田屋 日野田店がおすすめ! 営業時間や駐車場まで徹底解説

わらじカツ丼 安田屋 日野田店

秩父のご当地グルメは、そばや豚みそ丼などもありますが、テレビなどでも紹介されて人気があるのがわらじカツ丼です。

わらじの様に大きなカツに甘辛いタレが染み込んでいて、くせになる味です。秩父に来たら1度は食べてみてください。

ここでは、多くのわらじカツ丼のお店の中から、人気No.1で駅からのアクセスもしやすい、おすすめの安田屋 日野田店を紹介していきます。

わらじカツ丼の超有名店 安田屋日野田店

安田屋 日野田店の看板
安田屋は秩父の市街地から車で30分以上離れた小鹿野というところに本店がありますが、秩父市街地に支店の日野田店があります。

外観だけ見るとツタだらけで営業しているのか!?と思うような建物ですが、営業開始前には行列が出来るほどの人気店です。夏にはこのツタが青々としています。

安田屋 秩父日野田店

営業開始は11:30からですが、少し前の11:15に到着すると駐車場にはすでに車がとまっていて、車の中で店のオープンを待っている人がいました。

オープンの2~3分前になると、平日にもかかわらず店の前に人が並び始め、すぐに10人ほどの行列ができました。土日はさらに多くの人が並びます。

11:30の開店時間になるとお店の人が出てきて順番に呼ばれます。席数はカウンター6席と座敷8席の14席ありますので、4番目に並んでいた私はすぐに店に入ることができました。

外観もなかなか年季を感じましたが、店内は田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に遊びに来たような雰囲気で味があり落ち着きます。

この日はカウンター席から順番に案内されて、4番目に並んでいた私はカウンター席に座りました。
安田屋日野田店カウンター席

カウンター席の奥の座敷には、こたつが2つ並べられていてこちらにも席があります。

安田屋日野田店 座敷

外の行列とは別に座敷の端に4~5人が待っています。夏の暑いときや、冬の寒いときでも呼ばれる直前は中で待つことができます。

カウンター席の上にはぶらり途中下車の旅のロケが行われた際に書いてもらったどんぶりが飾ってありました。八名信夫さんのサインです。
ぶらり途中下車の旅のロケ サイン

男性が多いのかと思いましたが、この日は男女比は半々といった感じで、女性も意外と多かったです。

メニューはわらじカツ丼1枚と2枚のどちらか

わらじカツ丼の専門店だけあって、メニューはわらじカツ丼のみです。1枚860円(税込)と2枚1080円(税込)のどちらかを選ぶことができます。

女性は1枚、男性は2枚を注文することをおすすめします。

着席してから3~4分ほどでわらじカツ丼が運ばれてきました。わらじカツがどんぶりからはみ出ています。お味噌汁と漬物が一緒についてきます。
わらじカツ丼2枚

どんぶりのふたを開けると、醤油ベースのわらじカツの甘じょっぱい香りが鼻から入ってきて食欲をそそります!
わらじカツ丼の蓋を開ける

お店の方から、2枚の場合は食べるときにわらじカツ1枚をふたの上にのせて食べてくださいと説明があります。説明を受けた通りに1枚をふたの上に移動して、待望のわらじカツにかぶりつきます。
わらじカツ丼 1枚をふたの上にのせる

濃いめのわらじカツのタレとカツの旨みが口の中いっぱいに広がります! 安田屋のわらじカツの味の特徴はタレの味が濃いめなのですが、しつこくなくどんどん食べられます。

また、こちらはわらじカツ丼の1枚なのですが、1枚で頼むとわらじカツに切れ目が入っているので、女性でも食べやすいです。細かいところですが配慮がされています。
わらじカツ丼1枚

わらじカツ丼の2枚を注文した人にぜひ試していただきたいのが、2枚目のカツにそなえつけのゆず風味の七味をかけて味変する食べ方です。

タレの味が濃いめなのでたっぷりかけることをおすすめします。
わらじカツ丼にゆず風味の七味をかける

味変することで2種類の味を楽しむことが出来て、2枚目も飽きずにペロッと食べることができます。

また、もし食べきれなかった場合は、お持ち帰り用の入れ物が用意されていますので、気軽にお持ち帰りすることもできます。

お弁当やお持ち帰り専用の味付きかつもあります

わらじカツのお弁当や持ち帰りも可能
店内に張り紙があるのですが、わらじカツ丼の弁当1枚860円(税込)と2枚1080円(税込)もありました。

また、わらじカツのみの、味つきカツ3枚1200円(税込)も販売されていました。

イートインだけでなく持ち帰りでも安田屋のわらじカツを堪能することができます。

営業時間・アクセス・駐車場

安田屋日野田店

住所 〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町1-6-9
営業時間 11:30~17:00(月曜定休)
電話番号 0494-24-3188
席数 14席
アクセス 西武秩父駅から徒歩12分
駐車場 無料駐車場あり

最寄り駅の西武秩父駅からは約900mとアクセスがしやすいです。歩きでも12分ほどで着きます。

車で来る場合は店舗のすぐ横に5~6台駐められる無料の駐車場を利用することができます。
安田屋日野田店 駐車場

基本的に行列が出来ていますが、あまり待ちたくない方はオープン11:30の少し前に行くことをおすすめします。タイミングが良ければ待たずに入店することができます。

12時前後に行く場合は、行列に並ぶ必要がありますので、時間の余裕がある時に行くことをおすすめします。

安田屋小鹿野店

安田屋小鹿野本店
こちらは小鹿野町にある安田屋の本店。大正5年創業のお店です。外観はかなりボロボロですが、お昼時になると人がどんどんお店に入っていきます。

こちらの本店の方がおいしいという口コミ評判もあります。もし可能であれば、日野田店と小鹿野店の両方を食べ比べてみると良いかもしれません。

同じ小鹿野にあるメガわらじかつの店、東大門からはすぐの距離にあります。秩父の市街地からは車で約30分くらいかかるので、電車で秩父に行く方は、日野田店をおすすめします。

住所 〒368-0105 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野392
営業時間 11:00~13:30頃まで、(ごはんがなくなり次第終了)
17:00~18:00まで
※水曜定休
電話番号 0494-24-3188
席数 18席
アクセス 西武秩父駅から車で約30分
駐車場 無料駐車場あり

まとめ

秩父の有名なご当地グルメのひとつわらじカツ丼の人気No.1店の安田屋の日野田店。

アクセスもしやすいですし、はじめてわらじカツ丼を食べるという方は、ぜひ安田屋日野田店で食べてみてください。

ただし、曜日や時間帯によっては行列にならぶ必要がありますので、時間に余裕が無い場合はオープンの時間を狙って行ってみてください。

関連おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFun! Chichibuをフォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

【まとめ】秩父・長瀞の人気おすすめ旅館・ホテル 【まとめ】秩父・長瀞の人気おすすめ旅館・ホテル宿泊施設11選!老舗温泉や安い宿から高級旅館まで紹介

秩父地域の旅館やホテルに実際に泊まった感想を、それぞれの宿ごとにまとめて紹介していきます。お…

【まとめ】秩父の人気おすすめ蕎麦屋 【まとめ】秩父の人気おすすめ蕎麦屋10選!有名・名店のそばを紹介

埼玉県の秩父にある、おすすめ蕎麦屋をまとめてみました!実際に一軒ずつ蕎麦の食べ歩きを行ってき…

秩父のおすすめ人気お土産 【まとめ】秩父のおすすめ人気お土産11選!西武秩父駅直結のちちぶみやげ市で購入可能

秩父には特産品や銘菓、秩父産メープルシロップを使ったお菓子、秩父のイメージキャラクター「ポテくまくん…

長瀞ライン下り 【動画あり】秩父で川下りするなら長瀞ライン下り!料金・クーポンやアクセス駐車場まで解説

秩父で川下りといえば、荒川の急流と景色を楽しめる長瀞のライン下り。夏だけのアクティビティでは…

わらじカツ丼の人気店まとめ 【まとめ】秩父グルメわらじカツ丼の人気おすすめ店6選

秩父グルメの中でも代表的なのがわらじカツ丼。どの店のわらじかつも美味しいのですが、店によって特徴があ…

西武秩父駅前温泉「祭の湯」駅近の日帰り温泉を口コミレビュー!料金・クーポンや営業時間も紹介!

2017年4月24日にオープンした、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設「祭の湯」。今まで最も駅か…

秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も紹介!

秩父には日帰り入浴が可能な温泉施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉は観光のついでに疲れを…

三峯神社 【パワースポット】三峯神社のお守り・ご利益・御朱印とアクセス・宿泊施設などを紹介

関東屈指のパワースポットとして紹介され、参拝者も多い三峯神社。また、1日限定で白いお…

秩父市長瀞のかき氷「阿左美冷蔵」 【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介

秩父でかき氷といえば、夏には長い行列ができる超有名店の「阿左美冷蔵(あさみれいぞう)」。場所はライン…

PAGE TOP