『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)2018』冬の秩父おすすめスポット!アクセス・ライトアップ時期も解説!

三十槌の氷柱

埼玉県の秩父で見ることができる巨大な氷柱「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」。近年メディアなどで取り上げられ、多くの人でにぎわっています!

なんと、高さは10メートル、幅は50メートルもある天然の氷柱です。夜にはライトアップが行われ、幻想的な風景を楽しむことができます。

そこで今回は、秩父で見ることができる巨大な氷柱「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」を紹介します。

  • 2018年の見学期間は3月4日(日)までに延長されました。

三十槌の氷柱の見頃とライトアップ期間

三十槌の氷柱(みそつちのつらら)

三十槌の氷柱の見頃は、毎年1月上旬から2月中旬までで、ライトアップを見ることができるのは毎年1月中旬から2月中旬となります。2018年の見学期間とライトアップ期間は以下のとおりです。

見学期間 2018年1月6日(土)~3月4日(日)
※2018年の見学期間は3月まで延長されました
ライトアップ期間 2018年1月13日(土)から2月12日(月)
※2018年のライトアップは終了しました
ライトアップ時間 17:00から19:00(土日祝日は21:00まで)

※その年の気候により変わることがあります

三十槌の氷柱とは?

秩父三大氷柱の一つで、埼玉県秩父市大滝の荒川河川敷にある巨大な天然の氷柱です。場所は、「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」と「つちうちキャンプ場」にあり、大きいものは高さ10メートル、幅は50メートル、天然の氷柱1つと人口の氷柱2つがあります。

秩父には、三十槌の氷柱を含めて、巨大な氷柱を見ることができる場所が3か所あり、秩父路三大氷柱と呼ばれています。3か所共、夜にライトアップが行われ、幻想的な光景を楽しむことができます。

秩父路三大氷柱は以下のとおりです。

三十槌の氷柱のライトアップはどんな感じ?

三十槌の氷柱(天然)ライトアップ
ライトアップは、自然豊かな秩父の四季をイメージした色となっており、色がゆっくりと切り替わり、川に映りこむ様子はとても神秘的で見ていて癒されます。

秩父の四季をイメージした色

  • 春:ピンク(羊山の芝桜)
  • 夏:グリーン(三峰山の自然)
  • 秋:レッド(中津渓谷の紅葉)
  • 冬:ホワイト(三十槌の氷柱)

三十槌の氷柱の混雑具合は?

三十槌の氷柱は、テレビなどで紹介されたこともあり、土日祝日は大変混みあいます。駐車場に入るまで1時間以上待つということもしばしあります。(混みあう土日祝日には、整備員が駐車場まで誘導してくれます)

ほとんどの方が、他県(埼玉県以外)から来られる方です。そのため混みあう土日祝日より平日に見に行ったほうが良いでしょう。(若い方がたくさん来られていたので少しビックリしました)

三十槌の氷柱がある秩父市大滝は、山梨県に抜ける国道140号が通っていますが、山梨県に抜ける場合、普通は高速(中央自動車道)を利用し、わざわざ国道140号(山道)を通る方はいないため普段はとても空いています。

そのため私が初めて三十槌の氷柱を見に行ったときも、こんな山奥で渋滞に巻き込まれるとは全く想定しておらず、渋滞に巻き込まれたときはビックリしました。

秩父の名産・特産品・飲食場所

三十槌の氷柱を見ることができる「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」で、秩父の名産・特産品が売られており、甘酒や軽食も楽しむことができます。秩父は昔から「みそ」や「こんにゃく」が特産品で、それらを使用した以下の料理が有名です。

  • みそポテト(第5回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦でグランプリを獲得)
  • みそこんにゃく

その他にも、秩父でしか手に入らない「みそポテトチップ」なども売られています。(400円くらいで高いですが・・・)

おすすめはやはり「みそポテト」です。揚げたジャガイモに甘辛いみそだれがかかっており絶品です。

※これらは秩父の農産物直売所の店頭でも販売されています。

公共トイレ設置場所

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」と「つちうちキャンプ場」の両方にトイレが設置されているため、安心して氷柱を見学することができます。「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」のトイレは車椅子でもご利用可能です。

三十槌の氷柱のアクセス方法と駐車場

三十槌の氷柱を見に行く場合は、車、公共機関(西武観光バス)を利用する方法があります。バスは1時間に1本程度しかなく、山奥の寒い時期ですので車で行くことをおすすめします。

車で行く場合と駐車料金

車で見に行く場合は、「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の駐車場か、「つちうちキャンプ場」の駐車場のどちらかに車を停めることになります。

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」、「つちうちキャンプ場」までのルート

  • 関越自動車道を利用する場合は、花園ICから1時間半くらいです。(約50km)
  • 中央自動車道を利用する場合は、勝沼ICから1時間半くらいです。(約50km)

秩父の冬は寒いですが、雪などが降ることは年に数回で、あまり積もることはありません。(平成26年には、大雪で98cmも積もりましたが) 三十槌の氷柱を見に行く数日に雨や雪が降らなければ、基本的にノーマルタイヤで大丈夫です。(安全を期して、スタッドレスタイヤであれば安心です!)

駐車料金は下記の通りです。

普通車 500円
バイク 200円
マイクロバス 1,000円

土日祝日は「つちうちキャンプ場」のほうが停めやすいですが、すぐに満車になるため早めの出発が良いです。土日祝日は、整備員がおりますので、誘導に従って車を止めてください。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 住所:埼玉県秩父市大滝4066-2

つちうちキャンプ場 住所:埼玉県秩父市大滝4011-1

バスで行く場合

  • 西武秩父線の西武秩父駅から行く場合
    • 西武秩父駅から西武観光バスの[急行]三峯神社線に乗り「三十場(みそば)」で下車します。(現金660円、IC659円、乗車時間は50分程) そこから「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」まで徒歩15分程度です。(所要時間:約1時間5分)
  • 秩父鉄道の三峰口駅から行く場合
    • 三峰口駅から西武観光バスの[急行]三峯神社線に乗り「三十場(みそば)」で下車します。(現金400円、IC400円、乗車時間は20分程度) そこから「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」まで徒歩15分程度です。(所要時間:約35分)

※ [急行]三峯神社線は、大滝氷まつりが開催されている期間のみ「三十場(みそば)」に停車します。

詳細は「西武観光バス公式サイト」をご確認ください。

三十槌の氷柱バスツアー

三十槌の氷柱バスツアーも各ツアー会社から提供されています。

例えば、クラブツーリズムのホームページから「みそつちのつらら」で検索すると、関東各地から出発のバスツアーがあります。

秩父路三大氷柱めぐりスタンプラリー

秩父路三大氷柱めぐりスタンプラリー

1月上旬から2月下旬頃まで「秩父路三大氷柱めぐり」スタンプラリーが開催されており、秩父路三大氷柱3か所すべてのスタンプを集めると、秩父の温泉施設の入浴料が半額になります。秩父路三大氷柱をめぐり、幻想的な風景を楽しみ、冷えた身体を秩父の温泉で温め、癒されてはどうでしょうか?

あしがくぼの氷柱 期間:2018年1月6日(日)から2月25日(日)
尾ノ内百景氷 期間:2018年1月7日(日)から2月25日(日)
三十槌の氷柱 期間:2018年1月6日(土)から2月18日(日)

以下が、スタンプ3つ集めると半額入浴できる温泉施設です。

秩父湯元武甲温泉(横瀬) TEL:0494-25-5151
丸山鉱泉旅館 TEL:0494-23-3439
両神温泉薬師の湯 TEL:0494-79-1533

※有効期限は3月末日までで、1名1回のみの利用です。

あしがくぼの氷柱とは?

あしがくぼの氷柱ライトアップ

あしがくぼの氷柱は、地元の方により造られた、幅200メートル、高さ3メートルに及ぶ巨大な氷柱です。

鑑賞用の通路にある左右の氷柱をを間近で見ることができ、展望エリアからは巨大な氷柱を眺めることができます。すぐ隣は、西武秩父線が走っているので、氷柱と電車のコラボも見どころとなっています。

場所は、国道299号のすぐ近くで、西武秩父線の「あしがくぼ駅」から徒歩10分と、アクセスが良好なのもおすすめです!

尾ノ内百景氷柱とは?

尾ノ内百景氷柱とライトアップ

尾ノ内百景氷柱は、地元の方が丹精込めて造った氷柱で、秩父の人口氷柱発祥の地です!

氷柱と吊り橋がマッチした神秘的な世界を楽しむことができ、昼間は吊り橋の上から滝も見ることができます。ライトアップは、シーズン中に5回のみとなりますので、お見逃しなく!

場所は、埼玉県と群馬県の県境近くで、国道299号沿いからすぐ近くにあります。秩父市内からは少し遠くなりますが、秘境ならではの神秘的な氷柱鑑賞をお楽しみいただける注目のスポットです!

三十槌の氷柱を見に行くときの服装と持ち物

秩父の冬は寒いため、温かい服装でお出かけください。

手袋やホッカイロを持参したほうが良いです!

河原のため石などでゴツゴツしています。滑りやすくなっているため、滑りにくい靴(トレッキングシューズなど)が良いです。(ヒールの高い靴などは×危険です)

ところどころ照明がありますが、足元は真っ暗になります。足元を照らすことができる小型ライトを持参してください。(大きなライトや明るすぎるライトは、ライトアップの雰囲気と他の見学者の迷惑になるので注意しましょう)

三十槌の氷柱の近くにある宿泊施設

三十槌の氷柱の近くにある宿泊施設をいくつか紹介します。

ちちぶ温泉はなのや 全室客室露天風呂付きで秩父の旅館の中でも人気・評判の高い
御宿 竹取物語 秩父の創作料理や、6種類の貸切風呂が楽しめる

実際に三十槌の氷柱を見てきたときの様子を紹介

2017年2月某日に実際に「三十槌の氷柱」を見てきたので紹介します。

出発は西武秩父線の西武秩父駅から車でスタートしました!

西武秩父駅の改札口

西武秩父駅の改札口からです。平日の朝9時頃でしたが、すでに「三十槌の氷柱」方面のバスには並ばれている方がいました。

武甲山
そして秩父のシンボル「武甲山」です。石灰岩の採掘によりかなり変貌してしまいましたが・・・。

二百名山の1つで登山者も多く、頂上からは秩父市内を見渡すことができます。私も2回ほど登山経験があり、登山中に野生の鹿にも遭遇しました。(本当に自然豊かなところですが、近年は熊の目撃情報も多いです・・・)

浦山ダム

途中、重力式コンクリートダムでは日本で2番目に高い「浦山ダム」を見ることができます。見学もできるので時間に余裕がある方は寄ってみるのもいいかもしれません。

浦山渓谷

真下は浦山渓谷で、ものすごく川がカーブしています。

竹取物語

宿「竹取物語」です。旅館の主が作る秩父の食材をふんだんに使ったこだわりの創作料理や、6種類の貸切風呂を楽しむことができます。

秩父市役所 大滝総合支所

「秩父市役所 大滝総合支所」の前です。三十槌の氷柱が見ごろの時期は、このあたりは渋滞になります。

つちうちキャンプ場入口

渋滞になっている場合は、「つちうちキャンプ場」の駐車場が比較的空いていますので、看板の通り左に曲がってください。整備員の方もこのあたりにいますので、誘導に従ってください。(満車の場合はこの先「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の駐車場に車を停めてください)

三峰神社方面

「秩父市役所 大滝総合支所」を直進した場合は、すぐに道が分かれるので、左の「三峯神社」方面に進めば「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」に着きます。

バス停三十場

バス停「三十場」です。西武観光バスで来られる方はここで下車します。ここから徒歩10分から15分ほどで「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」に着きます。(道が狭いので気を付けてください)

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」の入り口に着きました。西武秩父駅から車で50分程度でした。

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

駐車料金

駐車料金です。

甘酒や秩父の名産・特産品

甘酒や秩父の名産・特産品が売られていました。

秩父で作ったこんにゃく

秩父で作ったこんにゃくに、みそだれが掛かった「みそこんにゃく」です。

みそポテト

ありました!子供からお年寄りまで人気のB級グルメ「みそポテト」、ぜひお召し上がりください。よくおつまみの定番と紹介されていますが、個人的にはご飯のおかずとして食べるのが好きです!

みそポテトチップ

そして「みそポテトチップ」がありました。噂には聞いていましたが現物を見るのは初めてです。
(値段400円は高いですね・・・)

秩父特産品

その他にも「つららみそ」などがあり、

軽食

ご飯を食べることもあります。

スタンプラリー

「秩父路三大氷柱めぐり」スタンプラリーをやっている方は、こちらでスタンプを押すことができます。(つちうちキャンプ場にもあります)

三十槌の氷柱入口

軽く食べ物を散策した後、実際に氷柱を見に行きました。この先に氷柱があります。(少し急な下り坂になっているので足元に気を付けてください)

三十槌の氷柱(天然)

最初に見えてくるのが天然の氷柱です。崖の上から水が滴り、冬の寒さで巨大な氷柱が形成されています。

三十槌の氷柱(天然)ライトアップ

三十槌の氷柱(天然)ライトアップ

三十槌の氷柱(天然)ライトアップ

三十槌の氷柱(天然)ライトアップ

ライトアップされると昼間の感じとは違いとてもきれいです。ライトアップの色が変わるたびにその場の雰囲気も変わり神秘的な光景を眺めることができました。

三十槌の氷柱(人口)

三十槌の氷柱(人口)

天然の氷柱の右側にあるのが人口の氷柱です。人口ではありますが、一番大きいので迫力がすごいです。

三十槌の氷柱(人口)ライトアップ

三十槌の氷柱(人口)ライトアップ

こちらもライトアップするときれいで迫力があります!

つちうちキャンプ場

最後に「つちうちキャンプ場」の近くにある人口の氷柱を見に行きました。「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」から「つちうちキャンプ場」までは、川の上に橋が架けられているため徒歩5分程です。

つちうちキャンプ場の氷柱(人口)

今までの氷柱と比べると見劣りしますが、近くで見ることができます。

つちうちキャンプ場の氷柱(人口)ライトアップ

つちうちキャンプ場の氷柱(人口)ライトアップ

つちうちキャンプ場の氷柱(人口)ライトアップ

つちうちキャンプ場の氷柱(人口)ライトアップ

そしてこちらもライトアップを行っています。

みそポテトを堪能

帰り際「みそポテト」を味わってきました。揚げたてが食べられたので冷えた身体を温めてくれました。

まとめ

秩父路三大氷柱の一つ「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」を紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回紹介した「三十槌の氷柱」以外にも、巨大な氷柱を見学できる場所が2か所あります。スタンプラリーも開催されているのでぜひ秩父の氷柱を巡って、秩父の温泉で癒されてはいかかでしょうか?

昼間の氷柱も見応えはありますが、ライトアップされた氷柱はとても魅力があります。ぜひ皆さんも見学してみてください。

関連おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFun! Chichibuをフォローしよう!

関連記事

  1. 月の石もみじ公園 長瀞「月の石もみじ公園」紅葉の見頃とライトアップ2017 駐車場…
  2. 道の駅ちちぶ 観光スポット「道の駅ちちぶ」を紹介!おすすめは秩父そば・売店ぽっ…
  3. あしがくぼの氷柱 『あしがくぼの氷柱2018』アクセス方法とライトアップ時間を紹介…
  4. 天空のポピー 【天空のポピー2017の見頃】秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)…
  5. 長瀞岩畳 【天然記念物】長瀞渓谷の岩畳を散策しよう!商店街での食べ歩きもお…
  6. 秩父4ダム 秩父4ダム巡り「浦山ダム、二瀬ダム、滝沢ダム、合角ダム」ダムカー…
  7. 道の駅あらかわ 道の駅あらかわを紹介!ソフトクリームやそばが人気!SL(パレオエ…
  8. 寶登山神社 宝登山神社のご利益・御朱印とロープウェイで行く奥宮や動物園、アク…

おすすめ記事

秩父のおすすめ人気お土産 【まとめ】秩父のおすすめ人気お土産10選!西武秩父駅直結のちちぶみやげ市で購入可能

秩父には特産品や銘菓、秩父産メープルシロップを使ったお菓子、秩父のイメージキャラクター「ポテくまくん…

ミューズパーク展望台からの雲海 秩父の雲海おすすめスポット!発生の時期・時間や予報など確実に見る為の方法!関東各地からのツアーも紹介

秩父は東京から一番近い雲海スポットといわれています。都心からのアクセスが良いことに加えて、市街地から…

長瀞ライン下り 【動画あり】秩父で川下りするなら長瀞ライン下り!料金・クーポンやアクセス駐車場まで解説

秩父で川下りといえば、荒川の急流と景色を楽しめる長瀞のライン下り。夏だけのアクティビティでは…

わらじカツ丼の人気店まとめ 【まとめ】秩父グルメわらじカツ丼の人気おすすめ店6選

秩父グルメの中でも代表的なのがわらじカツ丼。どの店のわらじかつも美味しいのですが、店によって特徴があ…

西武秩父駅前温泉「祭の湯」駅近の日帰り温泉を口コミレビュー!料金・クーポンや営業時間も紹介!

2017年4月24日にオープンした、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設「祭の湯」。今まで最も駅か…

秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も紹介!

秩父には日帰り入浴が可能な温泉施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉は観光のついでに疲れを…

三峯神社 【パワースポット】三峯神社のお守り・ご利益・御朱印とアクセス・宿泊施設などを紹介

関東屈指のパワースポットとして紹介され、参拝者も多い三峯神社。また、1日限定で白いお守りが配…

秩父市長瀞のかき氷「阿左美冷蔵」 【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介

秩父でかき氷といえば、夏には長い行列ができる超有名店の「阿左美冷蔵(あさみれいぞう)」。場所はライン…

PAGE TOP