三峯神社興雲閣の日帰り温泉「三峰神の湯」!実際に入浴してみた口コミレビュー!

三峯神社興雲閣三峰神の湯

三峯神社にある温泉「三峰神の湯」。三峰神社境内にある宿泊施設「興雲閣(こううんかく)」で入浴することができます。

三峯神社は、樹齢800年と言われる重忠杉のご神木、白いお守り(氣守)、縁結びの木などで有名な関東で最大のパワースポットです。

そんなパワースポットにある温泉「三峰神の湯」は、5分間つかるだけで肌がすべすべになり、いつまでもぽかぽか暖かく、体温の保持にすぐれています。

そこで今回、実際に「三峰神の湯」に入浴してきので紹介します。

三峰神の湯の泉質や効能

三峯神社興雲閣三峰神の湯

三峯神社興雲閣の源泉名は「三峰神の湯」と呼ばれ、三峯神社を下った秩父市大滝地域で掘削した温泉を引いています。ph8.4の弱アルカリ性で、肌がツルツルになる美容効果が期待できるため女性におすすめの温泉です。

三峯神社興雲閣三峰神の湯

泉温は32.6℃で、加熱しているため入浴温度は、40~42℃に設定してあるそうです。温泉の色は無色透明無臭で、泉質はナトリウム 塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)です。

効能は、慢性消化器病、慢性婦人病、神経痛、疲労回復、アレルギー性呼吸器疾患、きりきず、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、関節痛、筋肉痛、軽症高血圧、軽い高コレステロール血症、軽い喘息、自律神経不安定症、睡眠障害など。

三峯神社興雲閣三峰神の湯浴場

浴場は一つだけとなっています。浴場から景色を眺めることができないのが、残念といったところでしょうか?

三峯神社は海抜1,100メートルにあり、秩父盆地、奥秩父の山々、雲海を眺めることができます。浴場からそういった景色を眺めることができれば最高ですね。

実は、三峰神の湯を入浴できるのは、こちらだけでなく三峯神社を下りた場所にある大滝温泉遊湯館でも入浴することができます。大滝温泉遊湯館では、檜風呂や岩風呂に入りながら、四季折々の景色と、眼下に流れる荒川を眺めることができます。

同じ温泉のため、泉質や効能は同じです。温泉を楽しみたいという方は、大滝温泉遊湯館のほうがおすすめです。

実際に入浴した際の記事を書きましたので、よろしければどうぞ。

営業時間 平日10:00~ 土日祝9:30~

三峯神社興雲閣外観

営業時間 入浴料金
平日:10:00~17:00 ※18:00アウト
土日祝:9:30~17:00 ※18:00アウト
600円

興雲閣の日帰り温泉は年中無休となっています。

入浴料金は600円 ※スタンプ10個で入浴とコーヒーが無料

三峯神社興雲閣外観フロント

三峯神社興雲閣の日帰り温泉の入浴料は600円です。

無料のポイントカードがあり、入浴一回につき一個捺印してもらえます。捺印十個で、一回分の入浴と小教院でのコーヒー一杯が無料になります。

ポイントカードは、興雲閣のフロントで貰うことができます。

ハンドタオル100円、バスタオル200円

料金
ハンドタオル 100円(買取)
バスタオル 200円(レンタル)

ハンドタオルの料金は100円、バスタオルの料金は200円となっています。ハンドタオルは買取で、バスタオルはレンタルのため使用後に返却します。

鍵付きロッカーとアメニティグッズは無料

三峯神社興雲閣三峰神の湯脱衣所

脱衣所にある鍵付きロッカーが無料で利用できます。ただしロッカー自体は大きくないので、お財布など貴重品を入れて置くだけのスペースとなります。

登山用の大きなザックなどは入りませんのでご注意ください。どうしても心配の場合は、フロントに相談してください。

三峯神社興雲閣三峰神の湯アメニティグッズ

浴場には、せっけん、ボディーシャンプー、リンス・インシャンプーがあり、無料で利用できます。

三峯神社興雲閣三峰神の湯脱衣所

鏡やドライヤーがあるため、ヘアスタイルのセットも可能です。

入浴後はしいたけ丼がおすすめ!

三峯神社興雲閣しいたけ丼

入浴後は、興雲閣の食堂で、秩父産の肉厚しいたけを使用した「しいたけ丼」を味わうことができます。

しいたけ丼は、なめこが入ったお味噌汁、漬物がセットになっています。

三峯神社興雲閣しいたけ丼

肉厚のしいたけを揚げた後に、甘めのタレに漬け込んでいるようです。

外は衣でサクサク、肉厚のしいたけはとても柔らかく、そのバランスがとても美味しかったです!

甘めのタレは、秩父名物のわらじカツ丼に似ていますが、しいたけを使用しているため、わらじカツ丼よりヘルシーに味わうことができ、おすすめです!

アクセス

施設名 三峯神社 興雲閣
住所 埼玉県秩父市三峰298-1
電話 0494-55-0241
FAX 0494-55-0328
駐車場 二輪車:200円
乗用車:510円
マイクロ:1020円
大型バス:1540円
※駐車場の営業時間は8:00~18:00

自動車

三峯神社駐車場

  • 関越自動車道花園IC → 国道140号利用で約60km、所要時間は約2時間
  • 山梨県甲府方面 → 雁坂トンネル利用で約60km、所要時間は約1時間30分

バス

三峯神社駐車場

  • 西武鉄道の西武秩父駅より三峯西武急行バスで約1時間30分
  • 秩父鉄道の三峰口駅より三峯西武急行バスで約1時間

毎月1日は、白いお守り(氣守)の配布があり、最大で6時間~8時間30分の激しい渋滞が予想されると西武観光バスから発表がありました。そのため、1日に参拝に行く場合は、バスよりも自動車がおすすめです。

詳しくは西武観光バスの公式サイトをご覧ください。
西武観光バス公式サイト

まとめ

三峯神社興雲閣、「三峰神の湯」を紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

三峯神社興雲閣の「三峰神の湯」は、いつまでも暖かい体温の保持と、弱アルカリ性で美容効果があり、女性におすすめの温泉です。浴場が一つだけのため、温泉を楽しみたい方は、大滝温泉遊湯館の「三峰神の湯」をおすすめします。

三峯神社は、深山の霊地と言われ、関東で最大のパワースポットです。全国23社の神々が祀られた小さな神社もあり、諏訪神社や伊勢神宮などもこちらで参拝できます。「氣」を授かりにぜひ参拝してみてはいかかでしょうか?

以上、三峰神社興雲閣「三峰神の湯」の紹介でした。

おすすめ関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFun! Chichibuをフォローしよう!

関連記事

  1. 和どう入り口 和銅温泉『和銅鉱泉旅館 和どう』実際に泊まった口コミレビュー!料…
  2. 農園ホテル 『ナチュラルファームシティ農園ホテル』温泉や部屋から雲海!実際に…
  3. 梵の湯 梵の湯の日帰り温泉を紹介!実際に入浴してみた口コミレビュー!
  4. 竹取物語 秩父『御宿 竹取物語』実際に泊まった口コミレビュー!料理がとにか…
  5. 秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も…
  6. 武甲温泉 秩父湯元「武甲温泉」日帰り入浴や別館に宿泊も可能でキャンプ場も併…
  7. 大滝温泉・遊湯館の三峰神の湯 大滝温泉・遊湯館の三峰神の湯!日帰り温泉に実際に入浴してみた口コ…
  8. 星音の湯 天然自家源泉「星音の湯」口コミレビュー!料金・クーポンやアクセス…

おすすめ記事

秩父のおすすめ人気お土産 【まとめ】秩父のおすすめ人気お土産10選!西武秩父駅直結のちちぶみやげ市で購入可能

秩父には特産品や銘菓、秩父産メープルシロップを使ったお菓子、秩父のイメージキャラクター「ポテくまくん…

ミューズパーク展望台からの雲海 秩父の雲海おすすめスポット!発生の時期・時間や予報など確実に見る為の方法!関東各地からのツアーも紹介

秩父は東京から一番近い雲海スポットといわれています。都心からのアクセスが良いことに加えて、市街地から…

長瀞ライン下り 【動画あり】秩父で川下りするなら長瀞ライン下り!料金・クーポンやアクセス駐車場まで解説

秩父で川下りといえば、荒川の急流と景色を楽しめる長瀞のライン下り。夏だけのアクティビティでは…

わらじカツ丼の人気店まとめ 【まとめ】秩父グルメわらじカツ丼の人気おすすめ店6選

秩父グルメの中でも代表的なのがわらじカツ丼。どの店のわらじかつも美味しいのですが、店によって特徴があ…

西武秩父駅前温泉「祭の湯」駅近の日帰り温泉を口コミレビュー!料金・クーポンや営業時間も紹介!

2017年4月24日にオープンした、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設「祭の湯」。今まで最も駅か…

秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も紹介!

秩父には日帰り入浴が可能な温泉施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉は観光のついでに疲れを…

三峯神社 【パワースポット】三峯神社のお守り・ご利益・御朱印とアクセス・宿泊施設などを紹介

関東屈指のパワースポットとして紹介され、参拝者も多い三峯神社。また、1日限定で白いお守りが配…

秩父市長瀞のかき氷「阿左美冷蔵」 【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介

秩父でかき氷といえば、夏には長い行列ができる超有名店の「阿左美冷蔵(あさみれいぞう)」。場所はライン…

PAGE TOP