『ちちぶ銘仙館』国指定伝統的工芸品「秩父銘仙」の施設見学と染め織り体験ができる!

ちちぶ銘仙館

「ちちぶ銘仙館」は2013年に国指定伝統的工芸品にも指定された「秩父銘仙」という絹織物の歴史や、秩父銘仙ができるまでの工程が詳しくわかる工房などの展示がされている資料館です。

また、予約をすれば実際に「秩父銘仙」の染め織り体験もできます。

ここでは「ちちぶ銘仙館」の館内の雰囲気やアクセス、染め織り体験の予約方法などまとめて紹介しています。

秩父銘仙とは?特徴と歴史

「秩父銘仙」は養蚕業が盛んだった秩父地方において、伝統的な製法で作られている絹の平織物です。

平織物は経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に組み合わせる織物ですが、「秩父銘仙」は、経糸に型染をしてから緯糸を織る「ほぐし捺染(なっせん)」という技法が特徴です。

糸に型染をするので、表裏が同じように染色され、裏表がない生地が出来上がります。また、経糸の型染の色と緯糸の色の関係で角度によって色の見え方が変わる玉虫効果も見られます。
織場4

秩父銘仙は大正から昭和初期にかけて、「秩父銘仙」の鮮やかで大胆なモダンデザインは当時の女性に人気で普段着やおしゃれ着として全国で大流行しました。

登録有形文化財に登録された歴史的な建物

「ちちぶ銘仙館」の建物は元々埼玉県秩父工業試験場として昭和5年に建てられ、歴史を感じるレトロモダンな外観になっています。
ちちぶ銘仙館

昭和初期の特徴的な装飾を活かした建物として、2001年には登録有形文化財にも登録されました。
登録有形文化財

こちらは「ちちぶ銘仙館」の入り口。レトロで趣きある雰囲気です。
ちちぶ銘仙館入り口

入場料を払い中へ入ると、また館内も歴史を感じる素敵な造りですね。
廊下

着物ギャラリー・映像室・販売ブース

着物のギャラリー

ギャラリーには色鮮やかなたくさんの秩父銘仙の着物が並んでいます。
ちちぶ銘仙館ギャラリー

その中には、秩父鉄道のCMで実際に土屋太鳳さんが着ていた秩父銘仙の着物も展示されていました!
秩父銘仙ギャラリー2

映像室

映像室では職人さんによる「ほぐし捺染」の様子などが映像で紹介されています。
映像室

ほぐし捺染

秩父銘仙の反物や小物の販売ブース

販売ブースでは反物からストール、コースターなど秩父銘仙で作られた製品を買うことができます。
売店

売店2

「秩父銘仙」のすべてがわかる展示ブース

入口から真っ直ぐ進むと渡り廊下があり、その先に資料室や織り場などの展示ブースがあります。
渡り廊下

展示ブースは秩父銘仙の歴史から織場・染場まで順序あり、どうやって作られていくかの工程が分かりやすく紹介されています。

展示資料室

展示資料室では「秩父銘仙」の歴史や文化、秩父銘仙ができるまでの工程が詳しく解説されています。
展示資料室

展示資料室2

整経場

整経は必要な本数の経糸(たていと)を長さを整え織機に巻き付ける工程のことです。
整経場2

整経場3

整経場に置いてあるイタリー式撚糸機や整経機は今でも現役で使われています。
整経場

捺染室(なっせんしつ)

ここは秩父銘仙の鮮やかな模様を染めるところです。
捺染室
捺染室2
秩父銘仙の特徴でもある「ほぐし捺染」を実際に体験することもできますよ。
※体験をするには予約が必要です。

織場

広いスペースにたくさんの織機が並べられています。
織場

ここでは後継者育成講座を開いていて、今回見学に行った時にも実際に織機で織っている方がいたので間近で見せていただくことができました!
織場2

織場3

体験コーナーも充実!

ちちぶ銘仙館では、ほぐし捺染や、型染め、織りなど実際に体験することができます!
型染体験

型染め体験2

伝統的な染め織りが体験できる機会はなかなかないので、ぜひ体験してみてください。

染め織り体験の内容と料金

ほぐし捺染体験

経糸(たていと)に型紙を使って模様を染めていきます。

  • 所要時間:1時間
  • 料金:5.000円

※ほぐし捺染体験は予約が必要です。

手織り体験

本格的な織機を使ってコースターが作れます。

  • 所要時間:30分程度
  • 料金:1,000円

型染体験

様々な型を使ってハンカチや巾着が作れます。

  • 所要時間:1時間
  • 料金:1,000円

藍染体験

藍染でオリジナルのハンカチが作れます。

  • 所要時間:1時間
  • 料金:ハンカチ1,300円/Tシャツ3,700円

営業時間やアクセス・駐車場

ちちぶ銘仙館(めいせんかん)
営業時間 9:30~16:30
定休日 年末年始(12月29日~1月3日)
入館料 一般:200円 小・中学生:100円
電話番号 0494-21-2112
住所 〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町28−1
アクセス 西武鉄道秩父駅から徒歩10分
駐車場 館内裏手に専用駐車場あり

無料の専用駐車場はちちぶ銘仙館の館内裏手にあります。
ちちぶ銘仙館駐車場

ちちぶ銘仙館は、西武秩父駅と芝桜で有名な羊山公園の中間くらいにあります。羊山公園に行った際に立ち寄るのに便利です。

まとめ

「ちちぶ銘仙館」を紹介していきました。

登録有形文化財にも指定された「ちちぶ銘仙館」は、レトロモダンでタイムスリップしてきたかのようなノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

秩父銘仙の製造工程も詳しく展示されていて、体験工房では国指定伝統的工芸品の染め織りを実際に触れることができるので、なかなか貴重な体験ができると思います。

西武秩父駅から徒歩10分とアクセスもしやすいので、ぜひ秩父に来た際は「ちちぶ銘仙館」にも足を運んでみてください。

関連おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でFun! Chichibuをフォローしよう!

関連記事

  1. 秩父今宮神社 【パワースポット】秩父今宮神社で縁結びのハートを見つけよう!御朱…
  2. 長瀞岩畳 【天然記念物】長瀞渓谷の岩畳を散策しよう!商店街での食べ歩きもお…
  3. 秩父まつり会館 【秩父まつり会館】秩父夜祭を体験!屋台・笠鉾を近くで見れるおすす…
  4. あしがくぼの氷柱 『あしがくぼの氷柱2018』アクセス方法とライトアップ時間を紹介…
  5. 道の駅大滝温泉 道の駅大滝温泉を紹介!遊湯館や郷路館の営業時間や口コミレビュー!…
  6. 寶登山神社 宝登山神社のご利益・御朱印とロープウェイで行く奥宮や動物園、アク…
  7. 月の石もみじ公園 長瀞「月の石もみじ公園」紅葉の見頃とライトアップ2017 駐車場…
  8. 秩父神社 【パワースポット】秩父神社の歴史やご利益・御朱印・お守りとアクセ…

おすすめ記事

秩父のおすすめ人気お土産 【まとめ】秩父のおすすめ人気お土産10選!西武秩父駅直結のちちぶみやげ市で購入可能

秩父には特産品や銘菓、秩父産メープルシロップを使ったお菓子、秩父のイメージキャラクター「ポテくまくん…

ミューズパーク展望台からの雲海 秩父の雲海おすすめスポット!発生の時期・時間や予報など確実に見る為の方法!関東各地からのツアーも紹介

秩父は東京から一番近い雲海スポットといわれています。都心からのアクセスが良いことに加えて、市街地から…

長瀞ライン下り 【動画あり】秩父で川下りするなら長瀞ライン下り!料金・クーポンやアクセス駐車場まで解説

秩父で川下りといえば、荒川の急流と景色を楽しめる長瀞のライン下り。夏だけのアクティビティでは…

わらじカツ丼の人気店まとめ 【まとめ】秩父グルメわらじカツ丼の人気おすすめ店6選

秩父グルメの中でも代表的なのがわらじカツ丼。どの店のわらじかつも美味しいのですが、店によって特徴があ…

西武秩父駅前温泉「祭の湯」駅近の日帰り温泉を口コミレビュー!料金・クーポンや営業時間も紹介!

2017年4月24日にオープンした、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設「祭の湯」。今まで最も駅か…

秩父の日帰り入浴できる温泉 【まとめ】秩父の日帰り温泉 家族・カップルにおすすめ貸切の個室も紹介!

秩父には日帰り入浴が可能な温泉施設や旅館がたくさんあります。日帰り温泉は観光のついでに疲れを…

三峯神社 【パワースポット】三峯神社のお守り・ご利益・御朱印とアクセス・宿泊施設などを紹介

関東屈指のパワースポットとして紹介され、参拝者も多い三峯神社。また、1日限定で白いお守りが配…

秩父市長瀞のかき氷「阿左美冷蔵」 【有名】秩父のかき氷は長瀞の「阿左美冷蔵」おすすめメニューや待ち時間、金崎本店と支店の場所も紹介

秩父でかき氷といえば、夏には長い行列ができる超有名店の「阿左美冷蔵(あさみれいぞう)」。場所はライン…

PAGE TOP